catch-img

営業の新人が押さえるべき心構えは5つ!早く成長するコツを得よう!


新人営業は覚えることも多く、悩んでしまうこともあるでしょう。

先輩のようなスキルを1日でも早く身に付けるためには、まずは心構えが大切です。


新人営業が押さえるべき心構え5つと、早く成長するためのコツを紹介します。

コツや心構えを覚えて憧れのトップ営業を目指しましょう。


目次[非表示]

  1. 1.新人営業が押さえるべき5つの心構え 
    1. 1.1.商品やサービスを売り込まない
    2. 1.2.他人から応援される自分になる
    3. 1.3.今やるべきことに集中する
    4. 1.4.自分の発した言葉に責任を持つ
    5. 1.5.感覚ではなく数字で表す
  2. 2.新人営業が早く成長する3つのコツ
    1. 2.1.トップ営業に同行させてもらう
    2. 2.2.人より多くの商談数を積む
    3. 2.3.営業のロールプレイングを重ねる
  3. 3.トップ営業を目指す新人営業の取るべき対応
    1. 3.1.目標に対する強い意識を持つ
    2. 3.2.とにかく行動を早くする
  4. 4.目標達成を当たり前にしてしまおう



新人営業が押さえるべき5つの心構え 


営業で活躍するには様々なスキルが必要です。ただし、営業で結果を残すにはそれ相応の時間が掛かります。

ここでは、まず新人営業が押さえるべき5つの心構えを紹介します。

まずは日々の意識を変え、少しずつスキルアップを目指しましょう。


商品やサービスを売り込まない


「商品やサービスを売り込まない」のは大切な心構えの1つです。


営業の業務内容と相反するように感じますが、重要なのは「いかに顧客の利益になること」を考えられるかです。


多くの営業が商材の特徴や競合の商品を引き合いに出すことで終わってしまい、実際に顧客が得られるメリットやベネフィットを示せていないケースがあります。


しかし、「顧客の利益になること」を中心に考えれば、意識せずとも顧客の利益を念頭に置いたセールストークを展開できます。


他人から応援される自分になる


新人営業は他人から応援される自分を目指しましょう。


人間誰しも「一生懸命、高い目標に向かって頑張っている人」を応援したくなります。


周囲の人から応援されるような姿勢や高い目標を掲げて、まずは日々の営業活動に取り組んでみてください。

ひたむきに努力している姿は、上司や同僚、周囲の人から応援されるようになります。


今やるべきことに集中する


ビジョンを大きく掲げることは大切ですが、「今やるべきこと」に集中して一歩一歩積み重ねることはもっと大切なことです。


トップセールスも例外なく毎日の小さな積み重なから大きな成果へとつなげています。

営業職では、同期との売上や成績の差が気になってしまいがちです。


しかし、新人営業はまず自分の目の前のことに集中し、確実にこなすことから取り組んでみてください。


自分の発した言葉に責任を持つ


自分の発した言葉に責任を持つことも重要な心構えの1つです。


それは何も約束を守らないことばかりではありません。

明確な意味や定義、聞き返されて理由を答えられない言葉を発しないことが重要です。


例えば営業トークなどの中で「簡単」「ラク」といったワードの使用にも注意が必要です。


なぜなら「簡単」や「ラク」などは非常に抽象的な表現であり、必ずしもそうである根拠がありません。

日常生活から自身の発した言葉に気をつけ、自問自答する習慣を身につけましょう。


感覚ではなく数字で表す


感覚ではなく、数字で表せるように心がけましょう。


営業に数字は付き物です。


感覚で物事を捉えるのではなく、常に数字で表し、数字で考えて行動する習慣を持ちましょう。


例えば営業目標に対しての「頑張ります」は感覚による表し方です。


数字で表すなら「メールを100件送付し、資料請求を10件、その見込み客へ電話して、3件成約します」といた表現になります。

具体的な数字で表しそれに沿った行動をとるおようにしてみてください。


新人営業が早く成長する3つのコツ


新人営業が早く成長するためには3つのコツがあります。


ここでは「トップ営業との同行」「商談数を積む」「ロールプレイングを重ねる」の3つに分けて、それぞれ解説します。


トップ営業に同行させてもらう


新人営業は、トップ営業に同行させてもらうことで、商談の流れやテクニックを目の当たりにできます。


ただし、同行するだけでは、商談テクニックの習得に長い時間が掛かってしまうでしょう。

事前に商談の概要を確認したり、自分自身に目的や課題を明確にしたりして同行に臨みましょう。


また、商談が終わったら上司と振り返りを行うなどして、学んだことや次の課題を整理すればより同行による効果を高められます。


人より多くの商談数を積む


人より多くの商談数を積むことで、営業スキルは身に付きます。


しかし、ただ数をこなせばいいと言うものではなく、商談へ臨む前には目的を明確にすることや、商談を振り返る習慣にすることが大切です。


漠然と商談数を積み重ねてもスキルは伸びません。


自分自身で振り返り、不明点は先輩や上司に相談するなど、積極的に自分から学ぶ姿勢が自身の成長を早めます。


営業のロールプレイングを重ねる


営業のロールプレイングを重ねることも成長を早めるコツです。

実際に商談に臨んでいる想定し、ロールプレイングに取り組むとより効果が高まります。


例えば言葉に詰まってしまったら、その原因をよく考えて、改善すれば確実に成長していくでしょう。


特に経験豊富な先輩営業や上司とのロールプレイングは、貴重な体験です。

トライアンドエラーを繰り返して実際の商談に活かしてみてください。


トップ営業を目指す新人営業の取るべき対応


トップ営業を目指す新人営業の取るべき対応をここでは解説します。

いずれも考え方や心がけ次第で取り組める内容ばかりなので、早速営業活動に取り入れてみてください。


目標に対する強い意識を持つ


トップ営業は目標に対する強い意識を持っています。


これは新人営業のうちから心がけるべきことです。

自分自身だけの意識に留まらず、「高い目標を掲げる」「周囲に目標を宣言する」と行動に落とし込むところまでが1セットといえます。


実際の行動に落とし込むことで、自分自身で決めた目標に対して意識を持ち続けることができます。


また、営業目標から逆算して現在の行動を決めることも、目標達成に対する強い意識へとつながります。

新人の頃から自分自身が決めた目標へ到達するための行動を逆算する管理力を養うようにしてみてください。


とにかく行動を早くする


トップ営業を目指すには、とにかく行動を早くすることから取り組んでみましょう。


連絡に対するレスポンスや会話などもこれに含まれます。

営業においては、行動の質よりも行動量が求められる場面も多々あり、まずは行動を起こすことでチャンスを生み出すことにもつながるでしょう。


例えば、見込み客へ「3日後までに資料を送付します」と約束をした場合、当日中に資料を送付するのと3日後に送付したのでは、見込み客が抱く印象も大きく変わります。


また、資料の到着を待っている間に競合他社が先に資料送付を済ませ、アポイントを獲得しているかもしれません。

他にも当日中であれば、商談の決裁者へ判断を迫れたのに、行動が遅れてしまったばかりに失注してしまうケースもありえます。


新人の頃からとにかく行動を早くする意識を持って、業務に取り組んでみてください。

チャンスを掴み、トップ営業になるためには欠かせない対応です。


目標達成を当たり前にしてしまおう


新人営業は覚えることも多く、悩みが絶えない時期でもあります。


しかし新人営業が押さえるべき心構えを意識し、今やるべきことに集中することで、確実にスキルアップできます。

また、今回紹介した早く成長するコツも実践し、先輩や上司に積極的な姿勢を見せていきましょう。


目標を大きく掲げて、トップ営業を目指すのであれば、強い意識と行動を早くすることを意識として、日々の営業活動に臨んでみてください。


その繰り返しが目標達成を当たり前にする原動力となります。


さらに読書を通じた学びからも目標達成を当たり前にする習慣を手に入れられます。

本から得た学びを実践に落とし込み、今後のキャリアアップやスキルアップに活かしましょう。


営業におすすめする5つの本!読書を通じて学びの習慣を手に入れよう

  営業におすすめする5つの本!読書を通じて学びの習慣を手に入れよう | インプレックスアンドカンパニー株式会社 今回は読書によるメリットや仕事で生かせる読書法などを紹介します。 また、営業におすすめ本もいくつか紹介するので、自分に合ったものを見つける参考としてみてください。 インプレックスアンドカンパニー株式会社



CONTACT 営業に関するお悩みは、 お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせはこちら
【受付時間】平日 10:00~18:00
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください。
営業に関するお役立ち資料を
こちらからダウンロードできます。

メンバーインタビュー記事

記事ランキング

タグ一覧